ゲストハウスで儲かるために徹底的に考え抜いた結果。

ゲストハウス 儲かる 仕組みAirbnb儲かる

2020年東京オリンピックに向けて、ホテル・シティホテル・リゾートホテル、もちろんAirbnb(民泊)の施設が全体的に多くなってきている。

2018年6月(民泊新法)で民泊施設は一時期減ったが、現在の民泊については、適正な数字になっただけだと考えている。

今回の記事を書こうと思ったきっかけ

日本全国からゲストハウスを運営・経営したいとジャパンダに相談がある。(月1回程度 笑)しかし規模がでかいので、相談の時間もめちゃくちゃ時間がかかるので。

その都度ジャパンダの考えや、時流にあったアイデアを紹介するのは大変なので、ざっくりゲストハウスが儲かる方法(悪用厳禁)を紹介する。

ゲストハウスで儲ける方法ってあるの?

って思っている人は参考に。
あくまでも参考に

しかし、ここの肝をしっかり抑えることで、かなり稼げるのである。

ゲストハウスで儲かるために徹底的に考え抜いた結果を紹介。

ゲストハウス 儲かる 仕組み

民泊可能物件と言われている物件を探している人もぜひ読んで欲しい。

ゲストハウスで儲けるための成功の間取り

外国人をターゲットにするのか、日本人をターゲットにするのかで考え方は変わるが、今回は外国人ゲストハウスを対象にした場合の方法を紹介する。

※成功の法則は海外のゲストハウスに宿泊し体感するとわかるだろう

また、日本人よりも外国人のゲストを狙った方が稼げる。

今からゲストハウスをスタートしようと考えている人は、外国人狙いで頑張って欲しい。とにかく外国人を狙うこと!

儲かる間取り:一棟3階建がベスト

・カプセルホテル風ゲストハウスはNG。

・二段ベッドを整然と並べるだけでOK。

ひとつのタコ部屋に2段ベッドを3台置いている部屋だと、物音が気になって仕方ないが、ひとつの大きな間取りにベッドを並べる方が、他の人に迷惑にならないように、話す時は別の場所に行こうという風になる。(そしてここが重要ポイント)

2階は男性、3階は女性、どっちでもいいが、男女のフロアは分けた方がいい。

海外では男性も女性も同じ部屋に泊まることがある。その場合はミックスルームという言い方をする。ただ、なるべくミックスルームはなるべく避けよう。

色々な問題が起こる可能性がある。

1階は開放的なバーにする。

もう一度言います。

バーにします。絶対です。

しかも開放的な感じ。

外国人は出会いを大切にします。

できれば、主要施設から遠からず近からずの場所。もしくはゲストハウスが密集する場所が良い。

そして、この出会いこそがポイント。

外国人は宿泊施設の口コミを書きたがる。

そしてその口コミで客が客を呼ぶシステムになる。

いわゆる自動販売機状態!

儲かるゲストハウスの計算方法を公開

ポイント:安くてもいいからどんどん泊まらせる。

こんなこと書いたら今までフォローしてきたクライアントにも怒られそうだが、大公開。

1階部分でゲスト同士がコミニケーションを取れるバーを設置し酒を飲ませる。

外国人は1杯あたり500円でも酒を頼むし、女性にはおごる外国人男性は非常に多い。

また、外国人女性は男性からおごられるのが慣れているので、その辺は客同士で勝手にやってくれるはず。

シンプルで最高峰な儲かる計算式(方法)

ジャパンダのファンの皆様にだけ特別に教えます。

宿泊人× ドリンク料金 × 一人が飲む回数

1泊あたりの料金を一般的な料金にしたところで他と勝負できない場合があるし、大手には勝てない。

よそのゲストハウスの相場をしっかりチェックして、そこよりも安くで宿泊させることを心がける。1円でも安くすることで、大きな獲物を狙うのだ。

とにかく回転数が大切。
赤字にならない程度で頑張れ!!

安ければ泊まる!

宿泊客数のボーダーライン

ジャパンダ的には40人がボーダーライン。

40人 × 500円 × 2回 = 40,000円
30日回したら120万円。

宿泊人数がボトルネックになるが、ドリンク料金設定とお酒を飲ませる仕組みができれば、バー運営だけでも相当なあがりがでる。

しかーし!

40人×500円 ×2回とあるが、実質2回の部分が4ぐらいにはなる。

最低でも4だと思っていいだろう。

「おごる」文化があるからだ。さらにいうとバーテンダーが女性スタッフであれば、おごる 笑

なので、

40人が宿泊し
1人が500円のドリンクを
4回頼むと、
80,000円。

ジャパンダの経験上、こういったバックパッカーが集まる場所は、別の施設からも飲みにくる場合が多いので、合計に1.2ぐらいをかける。

合計96,000円

さらに、宿泊料金α円

96000円+α= 10万円以上は見込める。

というか、これぐらい考えて始めたい。

今やどこもゲストハウスのサービスは一緒。そうなると体験を提供している場所、もしくは近くに体験ができる場所に人が集まる。

まぁ、初期投資ができるなら100人ぐらい宿泊できるゲストハウスを目指したほうがいい。そして経験上、宿泊人数が多ければ多いほどバーも盛り上がり売上も上がりやすくなる。

シンプルすぎる計算だが、これは経験してきたことだし、再現性が高い

ゲストハウスを経営する場所によっては難があるが、場所さえ間違わなければ大きく稼げることができる。

かなりシンプルだが、考え方を変えて、より儲かる手段を考え、儲けたらゲストに還元していけばよい。

ゲストハウスをワンフロアでベッドを整然と並べるスタイルの方が一人当たりの平米を稼げるし、壁がないので、ベッドを置く数も最大まで伸ばせる。

もちろん2段ベッドもOK。

ポイント

注意:ゲストハウスを運営する際に、保健所にて配置図を提出しなくてはならないが、できればゲストハウスにくわしいデザイナーさん、建築士に相談し、可能な限り個室を作らず最大数泊まれる設計図を作ってもらった方がいい。

とにもかくにも、ベッド数を増やすこと。そして1人の寝るスペースをどれだけ広く見せるか。を考えましょう。

※法律は守りましょう

コメント