Airbnb:エアビー「トラブル集ベスト3」日本編。想定外は想定内

Airbnbトラブル

一言で言うなら、近所迷惑だけは絶対避けろ!!!

Airbnb(エアビー・民泊)の利用者が増える一方、Airbnbでトラブル続出。

日本編トラブル集をいくつか紹介したい。

外国人がAirbnbで日本で民泊する場合と、日本人が日本でAirbnbで民泊する場合は、トラブルの内容が違う。

そこを注意して読んで欲しい。

民泊海外トラブル事例:Airbnb

民泊(Airbnb)トラブル?ピンチはチャンス!ペット編

Airbnb返金トラブル続編。Airbnbの回答は?

民泊トラブル事例:ホストvsゲスト。キャンセルトラブル続き

民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

Airbnbトラブル・日本編

Airbnbトラブル日本

実際に日本で民泊やAirbnbを運用している方からのトラブル報告をまとめみた。

Airbnb(民泊)トラブルランキング

Airbnb(エアビー)のサービスを今から始めようと思っている方も多くいると思います。

今まであったトラブルを知っておくことで未然に防ぐことができるであろうトラブルをチェックしておきましょう。

1位:ゴミ問題

ゴミの分別ができていないため、ゴミ収集車が持って行かない。そして不動産屋から指摘を受ける。

ヤミ民泊をしている人はゴミ問題で民泊が公になり、airbnbから撤退するホストが多い

2位:問い合わせ頻度

昼夜問わず予約の連絡が来るのだが、問題はAirbnbのリスティング(部屋の様子)を見ずにあれやこれやを質問してくる。ジャパンダの場合、やりとりが多い人は基本的に宿泊させない。宿泊後だいたいがレビュー評価が悪い。

3位:匂い・臭い

ゲストが部屋を出た後に散らかっている事も多いが、外国人独特の臭いが部屋にこびりついていたり、小さい子供に食事を作るために何やら料理をすると、壁やシーツに臭いがうつる。シーツ以外にカーテンなども変えないといけないので、良いことはない。

Airbnbトラブルの解決策

ゴミの分別(宿泊後)

日本特有のトラブルかと思うが、ゴミの分別にかなりシビアにした方がいい。しかし宿泊客(ゲスト)は適当にゴミを捨てる。また宿泊中に(連泊)ゴミを部屋にためておくことも多いので注意。靴の箱や、大量の観光パンフレットが置いたままにされたりする。

トラブル解決策

あらかじめゴミ箱を分けて、英語で表記したシールなどを貼ったり。

いたって簡単だが、これをやるかやらないかで住民とトラブルになる事を抑えることもできる。まずはしっかりやろう!こんなことを怠ることで、せっかく始めた民泊撤退しなくてはいけなくなる。

シンプルなトラブルだが、深刻なトラブルになることが多い。

問い合わせ頻度(問い合わせ時)

チャット Airbnb トラブル

世界中から問い合わせがくるAirbnb。

これはトラブルというよりも、ゲスト側に依存する問題かと思う。まずは現地の言葉で問い合わせをしてくる場合がある。ほとんどが英語だが、アジア圏のゲストは時折中国語、韓国語で問い合わせがくる。

そして問題となるのは、質問量の多さだ。たとえリスティングにオススメの飲食店、駐車場の有無、道のりをお知らせしていても、ことごとく聞いてくるゲストがいる。

また、レンタカーの手配をお願いします。と言われた事も!

そして、そういうゲストに限ってクレームが多いのは高い確率で言える。なので、そういった質問のやりとりが多い場合は泊めない方が無難。

トラブル解決策

自分のプロフィールの一番わかりやすい場所に聞かれそうな項目を書くのがベスト。特に都心以外の地方の場合、駐車場の事は度々聞いてくる。ゲストとのやりとりをなるべく少なくするためにも、出来る限りリスティングをわかりやすくしておくべきだ。

臭い・匂い(宿泊後)

キムチ Airbnb トラブル 匂い 臭い

小さい子供や、韓国人は特に匂いが残りやすい。

これは実体験なので間違いない(全部実体験だが)。

ゲストに子供がいる場合には、シーツに汚れがあったり、汗の匂いが部屋にこびりついたりする。

韓国人は発酵食品を多く食べているせいか、だいたい同じ匂いが部屋に残る。

そして韓国人は部屋で飲食をすることが多く、カップラーメンや弁当などの食べ残しによる匂いに注意。

トラブル解決策

一言声をかけるだけでゲストも気を使ってくれる。

鍵を渡す際など、できる限りゲストに声をかけてほしい。部屋での飲食に関しては、ベッドの上での飲食はやめてください、と部屋の見える場所に注意する張り紙などを置いておくだけでシーツが汚れる事が少なくなる。

トラブルは未然に防ごう

Airbnbのトラブルまとめ日本編

持ちつ持たれつの関係で良好な関係を築きましょう。

しかし、日本人がAirbnbで借りる場合は、細かいところにまで目がいってしまうので、レビュー評価が低くなる。なので、単純に儲けたい、空室を減らしたい!という方は外国人向けにAirbnbを行う事をオススメします。

また、逆にあまり何も言わないのが、日本人の女性グループ。やすいところと割り切っているので、宿泊後の評価も高いことが多い。どうして同じところに泊まっているのに、泊まる人によってこうもレビューに差がでるのだろう。

様々なトラブルを回避するために、今後もAirbnbで起きたトラブルをまとめていきます。

Airbnbの世界へようこそ動画

動画が見れない方はこちらのリンクよりどうぞ

Airbnbの世界へようこそ | Airbnb

そのほかにもこれまでのトラブルをまとめているので、今からAribnbをスタートする人はトラブルを未然に防ぐ上でもどういったトラブルが多いか確認しておこう。

また、AIrbnbで宿泊したあとにレビューを書いている人の感想などをチェックして、どういったところがポイントなのかを調査してみるのもいいかもしれない。

今後日本ではAirbnb(民泊)ブームになるのは間違いない。トラブルを恐れて始めないより、まずは始める!っていう時期かもしれない。あっというまに飽和状態になり、宿泊回数が激減・・・なんてことも。

コメント