スペースマーケットでヤミ民泊!?

スペースマーケットでは民泊提供も始めていたが、そもそも自宅を貸したり、カフェを貸したりと、時間貸しのイメージの裏でひっそりと・・・。

しかし、実際問題、それをどう取り調べれるかはわからない。

可能性を探ってみよう!

スペースマーケットでヤミ民泊!?

スペースマーケットのサイトを見ればわかるが、1日の価格設定がある。

そして、24時までとか、21時までとか、26時までとか、スペースマーケットに登録しているユーザーによって時間設定が可能だ。

そして、

上記以外の時間をご利用の場合はご相談ください。

と、コメントが添えられている。

明らかに寝室があるリストはスペースマーケット内の宿泊カテゴリに掲載しているが、フォトスタジオや、カフェ、貸し会議室など、全部は見ていないのでわからないが、すぐに宿泊に使えそうなスペースが見つかった。

そして、ヤミ民泊が始まる。

Airbnbのように許可証がなく、しかも大きな顔で宿泊ではなく、時間貸しであるので、ホワイトだ!といわんばかりに・・・。

サービス提供者であるAirbnbやスペースマーケットがいくら取り締まっても、あの手この手で民泊スペースを貸し出すホストがいることには変わりはない。

増えるヤミ民泊、そして取り締まりが難しい現状、

2018年6月に始まった民泊新法により、メディアで取り上げられることが少なくなった民泊サービスだが、

本当のヤミ民泊はじわりじわり広がっている・・・・。

Airbnbトリセツを見ているあなたは、しっかり稼ぎましょう!インチキはダメ!