アメリカで民泊(Airbnb)を利用するときの注意

Airbnbトラブル

日本でAirbnbの経験をした人は、海外に行くときも民泊を利用したい!と、思っている人も多く、やはり人気がある。しかし、アメリカで民泊(Airbnb)を利用するときに注意したいことがある。

簡単なことだが、いざ民泊する!ってときにいろいろと問題が起こる。その前にトラブルをチェックしておこう。

ホストvsゲスト:Airbnbキャンセル手数料でオオモメ!トラブルぅ

キューバのAirbnbの旅行注意が怖い・・・。

アメリカで民泊(Airbnb)を利用するときの注意

Airbnbでアメリカに宿泊するときあるある。

日本での評価が必要

日本と比較するとセルフチェックインは少なく、おもてなしをするホストファミリーが多い。そのため、今までAirbnbを利用したことがない人の民泊を受け付けない場合がある。

今まで日本で民泊をしたことがある人は、レビューをしっかりもらっておこう。

 

突然別のホテルや部屋を案内される

英語が話せる人はまだ良いが、日本語しか話せない場合、いいたことも言えずトラブルになりやすい。宿泊1週間前に部屋の利用ができなくなったから、別の部屋を案内する。現地について別の部屋を案内するということもざらだ。

そうならないように、アメリカのホストのレビューもしっかり読んでおこう。

 

子供の相手をする

お金を払って宿泊しているのにベビーシッターをさせられた人の話を聞いたことがある。ホストとの関係は線引きをひき、自分の旅行を台無しにしないように!

 

アメリカはAirbnb以外でも受け入れが多い

さきほども話たが、いきなり別のゲストが部屋を利用することがある。日本と違ってB&B(民泊)は以前から行われているのでそういったポータルサイトも多く存在する。

他から高い料金で宿泊してくれる人を泊めるのはさすがって感じだが、よくある例だ。事前準備を怠らず、なるべく1人での利用も避けたい。日本でも何が起こるかわからないのに、アメリカで民泊をするとなるとなおさらだ。

アメリカでは以前にも、Airbnbを利用した少年の軟禁や、ゲストの盗撮などで問題にもなっている。アメリカ的な良さもわかるが、命あっての人生。お金払って安心が買えるなら、安かろう悪かろうでもOK!なんてことは勧めない。

アメリカでまた事件。盗撮されたゲストが米Airbnb訴える

コメント