Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報



民泊サイト:とまりーな

   

facebook

さて、今や民泊サイトの代表的存在のAirbnb(エアビーアンドビー)だが、日本の民泊サイトも一応紹介しておこう。

民泊サイト とまりーな

民泊サイトとまりーな

Airbnbととまりーなの違いは?

登録件数

民泊サイトとまりーな。このサービスはAirbnbと大きく違う事がある。それは、登録件数がAirbnbに比べるとかなり少ないことだ。しかし、体験型民泊に絞っているので、登録されている宿泊先は地元の体験を味わうことができる。

地域

Airbnbは日本全国いたるところに泊まれる場所があるが、とまりーなは、さきほども言ったように、登録件数がかなり少ない。なので、泊まれる地域は決められている。この違いは大きい。行きたい場所を決めてから宿泊先を決めるAirbnbと違って、とまりーなの場合は、宿泊先があるかどうかを調べなくてはいけない。

とまりーなの今後の展望は?

サイトを吟味してみたところ、今後登録件数が増えるには時間がかかるだろう。やはり高齢者が供給側となっている事で、このサービスを知る人が少ないということが大きい。そうなるとユーザー離れもそうだし、そもそもアクセス数の多さでAirbnbを超える事ができない。とまりーなに登録するぐらいなら、Airbnbに登録した方が予約は埋まるだろう。

そして一番大きな違い

ここが一番大きなポイントかと思う。それは多言語化だ。Airbnbのように世界から受け入れるられる体制だからこそ予約が膨大に膨れ上がっているのに対して、とまりーなは日本語限定だ。

受け入れ側がそれで良いのならよいだろうが、利益を上げるために民泊を始める人にとっては、アクセスが多いにこしたことない。

と、また別のサイトも紹介しきます!では・・・

この記事を読んでいる人はこちらの記事も読んでいます。

民泊サイト:Airbnb

今月よく読まれている記事TOP3

1
【Airbnb砲】4万軒の民泊大量終了確定?白黒つける瞬間がきた。

このたび、民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されることを前提に、Airbnbも動き ...

2
今日から?観光庁に電話してみた【民泊新法=住宅宿泊事業法案】施行日はいつから??

改めて調べる民泊新法。民泊やAirbnbの情報を確認していると、よくわからなくな ...

3
民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

民泊ヤクザという言葉がにわかに広がっている。民泊ヤクザってどういうこと!?ってこ ...

4
Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

さて、騒がしくなるような噂が飛び交っています。きになるので本日はとりあえず報告ま ...

5
民泊海外トラブル事例:Airbnb

今までさんざんトラブルやジャパンダの事例や問題を紹介してきた。今一度見直して欲し ...

 - 民泊サイト, 民泊トラブル