Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報



Airbnb海外事例【370万円】訴訟し損害賠償を求める

   

facebook

カリフォルニアオハイオ州で起きたAirbnb事件がアメリカで話題になっている。何が起きたのか、簡単にまとめてみた。次はあなたの身に起きるかもしれません。

airbnb訴訟 トラブル 事件 逮捕

 

損害賠償請求

そして

訴訟

Airbnb海外事例【370万円】訴訟し損害賠償

日本では旅館業の法律に抵触するとして度々話題の的になるAirbnbだが、海外では認知度が高く、一定の条件を満たしていればどうどうと運営できる。

airbnb逮捕 トラブル 海外 事例

そして今回起きたのは、ゲストとホストで起きた事件。

airbnb トラブル 事例 海外 事件 逮捕 訴訟

事件を要約すると

ゲストが借りた部屋で大暴れ!?

1泊1095ドル、13万円強の部屋を貸し出す。

しかーーーし!

ホストが帰ってきたら部屋が汚れている事にびっくり。

ゲストが忘れたのか捨てたのかわからない物に、ハードコアな物が!!!

ここでは書けないが、相当なハードコアっぷりにホストがゲストの素性を突き止め起訴。

ハードコアな物がきになる方は下記にリンクを用意しています。

精神的なダメージと、家の損傷により370万円の損害賠償としてゲストの会社に対して訴えを起こしている。

Airbnbではよくある事。

ジャパンダが運営するAirbnbでもこういった事はよくある。ハウスルールに書いていようが、部屋に注意書きを書いていようが、汚す人は汚すし、汚さない人は汚さない。

汚す確率を低くするためにも、チェックイン時とチェックアウト前日に元に戻すようにメッセージを送ったりもしたがダメw

今回のように損害賠償まではいかないが、汚れの損傷が大きいか小さいかの問題であって、小さければいいという問題でもない。

こういった記事が出てくる事で、借りる側の意識ももうすこし上がっていただければいいのだが・・・。

この記事の原文を読みたい方は、リンクを用意しているので、こちらより。

日本語版

英語原文

今月よく読まれている記事TOP3

1
今日から?観光庁に電話してみた【民泊新法=住宅宿泊事業法案】施行日はいつから??

改めて調べる民泊新法。民泊やAirbnbの情報を確認していると、よくわからなくな ...

2
民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

民泊ヤクザという言葉がにわかに広がっている。民泊ヤクザってどういうこと!?ってこ ...

3
Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

さて、騒がしくなるような噂が飛び交っています。きになるので本日はとりあえず報告ま ...

4
民泊海外トラブル事例:Airbnb

今までさんざんトラブルやジャパンダの事例や問題を紹介してきた。今一度見直して欲し ...

 - Airbnbトラブル, Airbnb事件 , , , ,