Uberアメリカでレイプ問題が浮上

Uber

Uber レイプ 問題 トラブル 2016

Uberブログ:1分で読めるUberレイプ問題。

世界的なサービスが増え、便利になってくる一方で、避けては通れない問題がある。それは、顧客同士で起こる問題だ。今回は最近記事になっていたUberの問題についてまとめてみたいと思う。

 

6人射殺のウーバー運転手
レビューでは「4.73」の高評価という事件もあったが・・・

Uberアメリカで問題が浮上

元Uber社員が顧客管理情報を記事にアップしたところから問題が浮上。その問題とは?

「顧客からのクレーム件数が膨大すぎる」

  • 性的暴行が6160件
  • レイブ5827件
  • 暴行3524件

 

この報道についてアメリkUber側も反論。

 

反論内容

  • 3年間でレイプ被害は5件のみ
  • 性的暴行170件

 

?????

・・・・・

?????

数の問題ではない・・・
事実こういった問題はあることはあるのだ・・・

 

詳細はForbesの記事で

女性が狙われやすい

過去にも問題となっているし、アメリカUberは、運転手の犯罪履歴を調べることはできても、犯罪の可能性は調べることはできないとし、これからも運転手の審査方法は変えるつもりもないそうだ。

Uberの言い分もわかる。Airbnbの審査なんてもっとゆるい。

男性の権力が強いインドでは、Uberのアプリに緊急用のパニックボタンなどを装備するなどしているが、実際その現場になった際にどこまで対応が可能だろうか。

コメント