Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報



JR四国、京都で「民泊事業」Airbnbに参入!? 新しい時代の幕開け

   

関西テレビで紹介されていたJR四国の民泊事業。ネット記事にもなっていたがみなさんチェック済みだろうか?これは企業としてどうなんだろうとジャパンダは考えた。しかしとんでもないライバル出現になるのかもしれない。

内容はこうだ、JR四国が京都で民泊をして宿泊客に四国を進めて次の旅行先を四国にしようとする算段。らしい。

ん・・・?いいかも、なんでもいいから稼ごう!!!って感じ。そして何度も言うが続々とAirbnb個人ホストに強力ライバルが現れている。

JR四国が京都で「民泊事業」にAirbnb参入。新しい時代の幕開け

儲けたいという気持ちは悪くない、企業のフットワークが軽くなると個人ではもう勝負しようがなくなってくる。

インタビュー記事の内容を抜粋させてもらうと・・・

【JR四国・松木裕之 常務取締役】

「人気のあるエリア京都でまず足掛かりをつくって、四国に大勢のお客様に来てほしいというのが我々の狙いです」

部屋の中を見てみると。

照明は香川県の工芸品「讃岐提灯」、壁の飾りは「丸亀うちわ」です。
急須や湯飲みは愛媛県の「砥部焼」。
お風呂場の桶と椅子は高知県産の檜。

いたる所で「四国推し」なのです。

一棟あたり一泊の料金は繁忙期(春・秋)で2万5千円から5万円。

年間2500万円ほどの売り上げを見込んでいます。

【JR四国・松木裕之 常務取締役】
「次の旅行の目的地は四国だよ、四国がいいねということを、いろんな人にSNSで発信してもらえれば我々の狙いが当たったなってことになる」

四国が外国人観光客で賑わうきっかけになるのでしょうか。
オープンは今月15日です。

引用先 Yahooニュース

気になるところは赤字にしたが、何か言っていることがよくわからない。四国への経済効果ではなく、京都民泊で2500万円。さらにいうと不動産という財産を購入したこと。

これは画期的な攻め方である。

地元でダメなら兼業スタイル

もう地元地域では限界

このJR四国のスタイル、今後の企業の様相であり、気づかなかった人や企業は多いかもしれない。地方は過疎化、少子化にともない財政破綻になりかねない。

また、企業も同様に消費者が減ることでインターネット上に主戦場を変えてきた。リアル(店舗販売)からデジタル(ネット販売)になり、JR四国のように大きく稼げる民泊ビジネスやシェアビジネスで売り上げる。

兼業企業時代到来

ジャパンダにもいろいろな相談があるが、やはり苦戦しているのは地方だが、個人だと副業になるが、兼業農家という働き方はそもそも昔から存在している、簡単にいうとまさにそれが企業単位で始まるのかもしれない。

東京、大阪、京都、福岡、札幌、沖縄、へ民泊参入する個人は多くいたが、今後は地方企業が増えてくる可能性がある。また、大義名分を掲げて、自治体がよその地域の民泊で儲けるスタイルが流行るかもしれない。

余力のある企業は民泊参入?

JR四国が一石を投じた感じになったが、波紋は大きくなり地方に影響していくかもしれない。企業や自治体の皆様、わざわざ地元で勝負する必要はないのでは??

ポイントは、地元じゃなくてもいい、稼げるところにいこう。そして信頼できるエージェント(代行)を見つけること、ただそれだけだ。180日ルールも民泊の場合であって、旅館業取得できるのであればフル稼働で稼げる。まだまだ目が離せない民泊ビジネスだ。

今月よく読まれている記事TOP3

1
【Airbnb砲】4万軒の民泊大量終了確定?白黒つける瞬間がきた。

このたび、民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されることを前提に、Airbnbも動き ...

2
今日から?観光庁に電話してみた【民泊新法=住宅宿泊事業法案】施行日はいつから??

改めて調べる民泊新法。民泊やAirbnbの情報を確認していると、よくわからなくな ...

3
民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

民泊ヤクザという言葉がにわかに広がっている。民泊ヤクザってどういうこと!?ってこ ...

4
Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

さて、騒がしくなるような噂が飛び交っています。きになるので本日はとりあえず報告ま ...

5
民泊海外トラブル事例:Airbnb

今までさんざんトラブルやジャパンダの事例や問題を紹介してきた。今一度見直して欲し ...

 - Airbnbニュース ,