Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報



Airbnb撤去時にかかる費用その2【壁紙】の弁償費用の相場、そして対策

   

facebook

前回のAirbnbの2ヶ月前にやめる前に読む記事も好評だったので、今回はさらに最近話題の撤去時の費用に関してご紹介しよう。

その前に前回の記事を読んでいない人はこちらも合わせて読んで欲しい。

【民泊辞めるってよ】Airbnbを辞める2ヶ月前に読んで欲しい

では、今回の記事の要点をご紹介しよう。壁紙、だ。この壁紙で撤去時に思った以上に費用がかかった人もいるのではないかと思う。

Airbnbをこれからスタートする人は、壁紙には是非注意して欲しい。

Airbnb撤去時にかかる費用その2【壁紙】の弁償費用の相場、そして対策

撤去時にかかる一般的な費用

まず、わかりやすいのがクリーニング費用。部屋の広さによって違う場合もあるが、Airbnb(民泊)をやる程度の場合は25000円〜30000円。さらにエアコンがある場合は、8000円〜10000円程度費用がかかる。これは撤去の基本料金。

最低33000円〜40000円ぐらいはかかるが、敷金がある場合は、そちらで相殺。そうじゃなければ実費になる。

壁紙の1㎡あたりの張り替え料金

そして壁紙。これは不動産によって許容範囲が違ってくる。

前もって言っておくが、Airbnbをスタートさせる場合、壁の傷は避けられない。ベッドに接触部分。旅行バッグによる擦り傷など、傷がつくのは致し方ないことが多い。

では、その場合の費用はいくらか?

壁紙1㎡あたり、1000円程度。

あれ?以外と安い?と、思うかもしれないが、基本的には傷がついている壁1面の張り替えになる。普通の部屋の場合は3mの3m程度なので、9㎡。9000円が費用としてかかる。

それが4面あれば、36000円だ。

高い・・・。

敷金はまず戻ってこないものだと思った方がいい。

Airbnb最後の売り上げは撤去費に回せ

基本クリーニング料金+壁紙だけでも7万円〜 はかかる場合がおおい。クーラーが2基あれば、費用もかさばる。

Airbnbから撤退する場合は10万円程度は余力を残して撤去しないと、マイナスになった感覚になる。なので、2ヶ月前から今後の仕事を考え、最後の1ヶ月分の売り上げは撤去の費用にあてる。

これで、綺麗さっぱり次のビジネスなのか、就職なのか、休憩なのか、いずれにせよスムーズにことが運ぶだろう。

10年先、20年先

結婚よりも離婚が大変というが、ビジネスも起業よりも疲弊したあとの倒産の方が体力消耗は激しい。Airbnbで撤退を考えて欲しいわけじゃないが、10年先、20年先を考えてビジネスを見た時、このまま売り上げが伸びて行くのか、民泊飽和状態になり、売り上げが目減りしていくのか、自分のライフスタイルに照らし合わせて考えてみはどうだろうか。

また、クレームによってAirbnb(民泊)から撤退するホストも多くいる。急な展開にも耐えうる力を残しつつAirbnbを続けていくのか・・・。

考えればキリがないが、いずれにせよ自分の信じた道を思いっきりチャレンジして欲しいと願っている。頑張れ、ホストのみなさま!!

今月よく読まれている記事TOP3

1
【Airbnb砲】4万軒の民泊大量終了確定?白黒つける瞬間がきた。

このたび、民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されることを前提に、Airbnbも動き ...

2
今日から?観光庁に電話してみた【民泊新法=住宅宿泊事業法案】施行日はいつから??

改めて調べる民泊新法。民泊やAirbnbの情報を確認していると、よくわからなくな ...

3
民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

民泊ヤクザという言葉がにわかに広がっている。民泊ヤクザってどういうこと!?ってこ ...

4
Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

さて、騒がしくなるような噂が飛び交っています。きになるので本日はとりあえず報告ま ...

5
民泊海外トラブル事例:Airbnb

今までさんざんトラブルやジャパンダの事例や問題を紹介してきた。今一度見直して欲し ...

 - Airbnb儲かる ,