Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報



いつから?エニカvsトヨタ??黒船カーシェアリング「getaroud」

   

facebook

去年、TOYOTAがアメリカのカーシェアリングサービスの会社に出資していたことがわかった。そのサービス名は「getaround」。

名前の由来はその名の通り、get around (google 翻訳「拡がります・あちこちに移動します・動き回る」)。人が・・・というよりも、車が主語だと思う。

さて、getaroundの現在の情報とエニカを比較してみよう。

LCS!?40日前ならオリックスレンタカーが激安!エニカも新しい戦略と機能を!

エニカvsトヨタ??黒船カーシェアリング「getaroud」

ミニトラブル、エニカで1時間も返却遅れ。ジャパンダの対応は?

貸し借りサービス

まず最初に確認

Airbnb同様の貸し借りサービスで、日本では既に同じようなカーシェアリングサービスが存在してる。

DeNAが運営するエニカ
(メールありがとうございます。返信できずすいません)。そして

オリックスレンタカー、
タイムズ、
カフォレ・・・等
この際ジャパンダも作りたい・・・

車を購入しない人が増え、レンタカーやシェアリングサービスの需要がますます増えている。今の日本には最適なシステム。(しかし世界では人口増加中!!)

タイムズ、オリックスに関してはBtoC(会社 対 個人or法人)だが、エニカは完全にC to Cモデル(個人 対 個人)。

このgetaroundはAirbnbと考え方は変わらない。はずなのだが・・・。

getaroundのデメリット

トヨタが出資したことで知名度はアップするが、一番ネックなのは、確かに使わない時間に車を貸し出すのはいいが、とんでもない手数料が発生している。

前代未聞・・・

その手数料が料金の40%

ちょ待てよ!!!と、声が聞こえてきそうだが、今後日本でもサービスが展開されるとすると、同額の手数料とはいかないはず。現段階では40%ということです。

これじゃあ、いくらなんでも手数料高すぎる、エニカは確か10% それぐらいに落ち着いてほしい。

getaroundのメリットもある

世界規模のサービス。

Airbnbが成功したのは、世界の個人を結んだこと。それと比較すると日本のサービス(エニカを含む)はいまだドメスティック(国内)すぎる。

Airbnbが法律を変えたように、エニカもそれぐらいの機動力をもって世界に進出してほしい。

DeNAの南野さんも講演会で言っていたが、DeNAが提供するサービスは「日本のためになるのか」という段階になっていると言っていた。

企業が儲かるのではなく、日本のために良いサービスなのかを考えるという意味だと思うし、ジャパンダに非難する資格はないが・・・

ユーザーの声が多ければ多いほど企業も動きやすくなる。

そういう点では、getaroundはアメリカが作ったサービス。そしてウーバー同様世界でスタートされるだろう。(ウーバーとも提携済み)

世界中にTOYOTA社が走っているので、世界の国土交通省?にもアプローチしやすいはず。と、いうことでもう少し調べた。

あとは日本に適用させるのみ!!

アメリカでは既に法律が動き出してた

保険会社に働きかけたgetaroundだったが、保険会社はシェアリングサービスに関しての保険には消極的な態度を取っていた。

そこでgeatroundは最終的に、法律による強制が一番いいと判断したそう。この考えが日本では聞かない。

エコを訴える

サクラメントを起点に、政治家に働きかけた。民主党は「カーシェアリングは環境に優しいという」理由から、共和党は「スモールビジネスの応援になる」という理由からこの法律の策定を支持してくれたそう。

注目ポイント

2010年、カリフォルニア州

「個人間のカーシェアリングに参加する場合、借り手が事故に巻き込まれても、車の所有者の保険には一切影響しない

カーシェアリングの企業に保険を提供する義務がある」

という2点が法律で明文化

これによって、カーシェアリングの規模は加速的に広がった。カリフォルニア州に続いて、オレゴン州でも同様の法律が制定され、この動きが他州にも波及することが期待されているそうだ。

2017年現在の情報

アメリカ13都市で展開

資金調達額:4500万ドル(50億円)

提携会社

  • Uber
  • メルセデスベンツ
  • TOYOTA
  • 上海汽車

ゼネラルモーターズは2016年にMaven(カーシェアリングサービス)を立ち上げ、1年で17都市で展開

期待する企業

フリル、メルカリなど、個人売買のスキルをもった会社がシェアリングサービスに参入してほしい。

日本だけのパイをみた時には儲けすぎることはないが、Airbnbのように世界対応を目指せば・・・。な??(ひとごと)

 

何度もお願いしているエニカさん

このブログを通してもエニカ陣営にメッセージを送っている。(届いているかわからない。)

「外国人観光客」にもエニカで車(エニカじゃなくてもいいから)を貸出できるようにしてほしい。

Airbnbだって日本で外国人が利用することで成り立っている。車の場合、宿泊の法律とは違い1人3台までとか縛りはある。

ただ、民泊新法が1年強で法整備された事を考えれば、エニカだって個人でレンタカーサービスをできるプラットフォームができるはず!!!!

あと一歩で・・・。あと一歩でシェアリングサービス事業主が確率できる気がするんだけどな・・・。

とりあえず、getaroundに注目しつつ、エニカの利用規約大幅変更に期待しておこう。

ただ、それ以外にもシェアリングサービスはある。Airbnbだけじゃなく、エニカに頼るわけじゃなく、多角的にシェアリングエコノミーを展開できることで、日本も活気づくのでは?と、考えてしまう。

あっちこっち言ってしまった記事になったが、シェアリングサービスを副業と捉えるのか、主軸としてなのかでやり方、考え方が変わってくる。

ビジネスって簡単なようで難しいし、難しいようで簡単。自分を信じてやるのみ!!!

関連記事にエニカの体験談も掲載中↓

今月よく読まれている記事TOP3

1
【Airbnb砲】4万軒の民泊大量終了確定?白黒つける瞬間がきた。

このたび、民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されることを前提に、Airbnbも動き ...

2
今日から?観光庁に電話してみた【民泊新法=住宅宿泊事業法案】施行日はいつから??

改めて調べる民泊新法。民泊やAirbnbの情報を確認していると、よくわからなくな ...

3
民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

民泊ヤクザという言葉がにわかに広がっている。民泊ヤクザってどういうこと!?ってこ ...

4
Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

さて、騒がしくなるような噂が飛び交っています。きになるので本日はとりあえず報告ま ...

5
民泊海外トラブル事例:Airbnb

今までさんざんトラブルやジャパンダの事例や問題を紹介してきた。今一度見直して欲し ...

 - Anycaエニカ