Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

Airbnbトラブル

さて、騒がしくなるような噂が飛び交っています。きになるので本日はとりあえず報告までに・・・。

日本でも未然に防ぐために、今後Airbnbも対策をたてる必要があるかもしれない。前回紹介した民泊ヤクザの一部として、民泊でのドラッグ使用が危ぶまれている・・・。

ジャパンダがAirbnbを運営しているときにはこういった事件に巻き込まれたこともないが、東京オリンピックに向けてはより一層警戒しないといけない。

注目記事

民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

今までは近隣住民による通報で警察が部屋をチェックしにきて注意したり、もしくはオーナーが直接注意をするケースもあっただろうが、マリファナが合法な国や地域の人を宿泊させるときは注意が必要だ。

今後ドラッグの温床とみられる可能性もある民泊だが、このブログを読んでいる人は、事前に注意して対策を練ってほしい。マリファナ、合法、地域、国と検索すればすぐに国がわかる。

セルフチェックインなどゲストとホストが顔を合わせないのも危険かもしれない。

アメリカでは被害1億円?

ドラッグと直接関係があるわけではないが、アメリカでは慈善事業のパーティーをするとからといってサマーハウスを借り、1000人以上でシャンパンパーティーをし、盗品や破損で被害総額1億円とも言われる事件が発生している。

事件の大小に関わらず、ゲストの管理をしっかり行わないと、無駄な時間と労力がかかる可能性もある。日本ではドラッグの事件は最近は少ないが、民泊が増えることでこういった事件も増えるのかもと思う。

そういうことも踏まえて起業は民泊に参入しないと、後から怖いかも。

コメント