Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報



東京浅草の人気民泊(Airbnb)は花火が見える!がホットらしい

   

facebook

もはや民泊(Airbnb)で儲かる場所はどこよ!と、話になった時に、浅草は日本人からも外国人からも人気の民泊ゾーン。今回はプチメモ程度になるが、ブログタイトルがそのポイント。テーマは花火が見える!だ。

浅草は以前にも民泊に対してネガティブな情報が流れたが、前向きに考えると、人気の場所か!となってしまうのも事実。

Airbnb?民泊で東京台東区で年間1323万円の売り上げ。逮捕?書類送検中・・・

東京浅草の人気民泊(Airbnb)は花火が見える!がホットらしい

隅田川で花火が上がる。

日本の季語は、時としてマーケティングにもなる。桜、海開き、花火、正月など・・・。季語とイベントは必ずしもイコールではないが、ニーズ集まる時期という捉え方もひとつある。

浅草はもともと人気の民泊スポット

東京浅草といえば、民泊について以前から台東区は拒否反応を示している。さきほど紹介したURLも台東区だ。もともと外国人に人気のある場所として有名だが、花火などの特別なシーズンにも民泊で部屋を探している人が増えている。

ニーズが増えて需要が少ないと、相場は高騰するし、高騰しても良いと思う。しかしネックになるのは、現在の民泊の条例だ。安易にスタートできない環境になっている。

ポイント:嵐民泊・エグザイル民泊

花火が見える場所、初の日の出、一瞬しか体験できない時は民泊の相場も上げて良いと思う。花火をみるために前の日から場所取りをしたり、ホテルを借りたりする人が多いので需要もあるのはさきほども言った。福岡はエグザイル民泊、嵐民泊という民泊ルールを独自に作っており、その期間中は一般の家で民泊を受け入れるというシステムがある。

花火などもそういった類にしてほしい。

しかし、浅草がある台東区はアンチ民泊地域なだけに、浅草で民泊をスタートする人は、しっかりとルールにのっとってやらないと、保健所指導で最悪書類送検になってしまう。

始められれば儲けることもできるが、法律は法律だ。浅草の今後がどうなるのか、2017年4月に何かが変わることを祈っている。東京のAIrbnbのホストの皆様、前途多難だが、頑張って続けてください。

準備を怠るな!

Airbnbのゲストは、ホストのリストが宿泊可能になった瞬間を狙って安い価格で宿泊を試みます。キャンセルをするものなら、評価が下がったり、罰金100USDのペナルティ、キャンセルした日の宿泊も不可能になります。

ゲストが借りて、又貸しって話も聞く。しっかり自分のリストは管理しておこう。そして大型イベントは前もって対策をたてておかないと痛い目あうよ!

今月よく読まれている記事TOP3

1
【Airbnb砲】4万軒の民泊大量終了確定?白黒つける瞬間がきた。

このたび、民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されることを前提に、Airbnbも動き ...

2
今日から?観光庁に電話してみた【民泊新法=住宅宿泊事業法案】施行日はいつから??

改めて調べる民泊新法。民泊やAirbnbの情報を確認していると、よくわからなくな ...

3
民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

民泊ヤクザという言葉がにわかに広がっている。民泊ヤクザってどういうこと!?ってこ ...

4
Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

さて、騒がしくなるような噂が飛び交っています。きになるので本日はとりあえず報告ま ...

5
民泊海外トラブル事例:Airbnb

今までさんざんトラブルやジャパンダの事例や問題を紹介してきた。今一度見直して欲し ...

 - Airbnb東京