Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報



教えてジャパンダ:民泊のインテリアコーディネーターって何?

   

facebook

ブログの閲覧者から教えて欲しいと相談があったので調べてみた。質問「民泊のインテリアコーディネーターってなんですか?」

ジャパンダの回答

わかりませんwww

教えてジャパンダ:民泊のインテリアコーディネーターって何?

インテリアコーディネーターへ依頼した場合のメリット。

家具がレンタルできる。

インテリアのコーディネートをしてくれる

家具が傷ついても安心補修保険サービスあり

レンタル料金は驚きの3%!!と、書いて居るが、初期費用が買うのに比べて1/3と書いてある。どういうこと?1/3だと、33.33%程度になるけど・・・。と、調べてみたところ、お申し込み金額が商品総額の30%。その他配送料、返却料金、組み立て料金がかかる。

そして契約期間が満了になると、お申し込み金額と同額をキャッシュバック。

2年以降はいつでも返却可能。

 

コーディネーターを利用するメリット?

高い商品を購入する場合はインテリアコーディネーターを利用した方が良いかもしれないが、上記のサービスは都内のみに限られて居る。内容だけみるとかなり良いサービスに感じる。

使わない家具を貸し出して、利益を得る。3%ってことは、10万円分だと、年間3万6千円。2年契約なので、7万2千円。それを返却してもらった後に30%の価格で販売できれば家具屋は嬉しい!

しかし、行って帰ってこいで料金が発生する。
2Pソファが12960円。往復で2万5千円。
新品買えるね・・・。そして中古で売れるねwww

あとは、これが長続きするかどうか。そして全国的に展開できるかどうかが鍵かな。

地方でもサービスはあるが、微妙・・・。なので割愛。

起業する上でリスクは低い方がいいが、リスクがないと頑張らないのも事実。

今月よく読まれている記事TOP3

1
【Airbnb砲】4万軒の民泊大量終了確定?白黒つける瞬間がきた。

このたび、民泊新法(住宅宿泊事業法)が施行されることを前提に、Airbnbも動き ...

2
今日から?観光庁に電話してみた【民泊新法=住宅宿泊事業法案】施行日はいつから??

改めて調べる民泊新法。民泊やAirbnbの情報を確認していると、よくわからなくな ...

3
民泊(Airbnb)ヤクザ・・・。←こわい

民泊ヤクザという言葉がにわかに広がっている。民泊ヤクザってどういうこと!?ってこ ...

4
Airbnb(民泊)ゲストがドラッグ使用で逮捕の可能性も?

さて、騒がしくなるような噂が飛び交っています。きになるので本日はとりあえず報告ま ...

5
民泊海外トラブル事例:Airbnb

今までさんざんトラブルやジャパンダの事例や問題を紹介してきた。今一度見直して欲し ...

 - Airbnb代行サービス