ヒント:Airbnb(民泊)で子供料金はどうする?ゲスト編

Airbnbトラブル

Airbnbを宿泊されるホストの皆様からもたまにこういったご連絡を受ける。子供料金を加算されるのか、それともかかたないのか。

これはジャパンダが当時Airbnbを運営している時の話ですが、基本的にベッドの数分の宿泊人数を請求していた。どういうことか?

ヒント:Airbnbで子供料金はどうする?ゲスト編

赤ちゃんなどはそもそもゲストのカウントをしない。分岐点でいうなら、小学生までは人数に含めていなかった。

4人家族で宿泊の場合

親(2人)子供(2人)

その内子供の一人が中学生、そしてもう一人が小学生以下、この場合は3人が宿泊人数だ。今からAirbnbを始める人も、利用するゲストの皆様も、子供料金に関してはゲストとホストで話し合って設定することをオススメする。

2人で泊まるといって4人来たらさすがにびっくりするし、3人でもびっくりする。ジャパンダの周りのホストに関しては、ほとんどがジャパンダと同じ裁量にしている。

子供を宿泊させる場合の注意

子供料金でモメることもしたくないが、小さい子供で大声あげたり泣き叫んだりする可能性がある場合は宿泊をお断りしていた。近隣住民からの苦情にもつながる。

 

情報蒐集はこまめにな!

そうだ、トリセツのFacebookページでは、こちらで紹介していない記事もあるので、たまにチェックしてみてください。これは経験談なんですが、Airbnbは生き物だと思っている。

利用規約の変更で今回は完全にAirbnbは仲介サイトなだけで、責任はホストにあります!と、記載している。そして、自治体や都道府県の条例も日々変更しているし、地域によって対応が違う。

この情報蒐集を怠ると・・・。ジャパンダのブログを見ている人に限っては結構敏感な人が多いから大丈夫ですよね?

 

コメント