Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報

*

観光債?Airbnbと石川県がタッグを組むのかも。

   

facebook

日本経済新聞に掲載されていた記事が直結で石川県の県債に影響し、それがAirbnb(民泊)に影響しているのか?メモ程度にジャパンダが考える石川県の今後を考えてみたい。

参考資料:日本経済新聞

2016年7月16日Web版より

Sponsored Link

なぜ?今Airbnbの石川県が熱い理由

石川県 ファンド 国債 観光
まずは日経新聞の内容をかいつまんでチェック。

県債の名前は?

石川県が県債「ほっと石川観光応援債」を販売する。

いつからいつまで販売?

8月8日〜8月26日

発行規模は何円?

50億円

総額いくら?

応援債+県50億(出資)+市町村50億(出資)=200億円

なんのための県債?

ファンドを組成し、運用益で観光拠点の魅力向上、結果的に集客。

1人(1社)いくらまで購入可能?

10万円〜2000万円

 

 

ジャパンダの個人見解

石川県がひとつ頑張ってもあまり大規模に何かが変わるとは言い難い。目的には、東京五輪時の観光誘客もねらっているとあるが・・・

と、ここがAirbnbと関連性が強くなる。

そしてAirbnb上で石川県の広告でも打つのか。ちょっと奥行きがある話なので、Airbnbと石川県の動きは今後も要チェックだ。

ちなみにFacebookで紹介したが、リオオリンピックは部屋が足りなくてAirbnbと五輪競技委員会が提携したらしい。

これゃ面白いぞ!

にしても、お金の使い道が・・・。

 

予算とは税金

それにしても石川県やりおる。

ズバリ・・・。

県、市町村は、予算を消化しないといけない。

規模が大きな市町村に限ってはゼネコンに企業誘致、観光に産業などお金の使い道はいくらでもある。以前Facebookで賑わっていた、沖縄の那覇市にある龍の柱。

あれには工事費2億円、そして追加費用でさらに数年億円を捻出している、皆の税金で。これは当時の那覇市長の翁長市長、地元の企業がなんちゃらといろいろとあったが、使い道はこんな感じだ。

那覇市は政令指定都市ではなくとも、人材は集まるはず。柱って・・・。

実は・・・

ジャパンダも予算関連には詳しい。

県や市町村は、お金(予算)の使い道がなくなると、年末から年度末にかけて、人材育成費用が拠出される。というか、充てられた予算を使い切らないと翌年は予算が減ってしまう。毎年恒例の人材育成費用祭りだ。

さて、石川県に話を戻そう。

今回は県、市町村とあるが、そのファンドの運用益を観光拠点の魅力向上に活用するとある。

皆から集めたお金を投資に回して、儲かったら観光向上の費用にする。儲からなかったらすいません。

ファンドなので儲からない可能性もある。

が、、しかし・・・

200億円を運用して年率1%でも1億円。

集まるお金も多ければ、利息もばかにならない。まるごと1億円を広告費に使えるならそれにこしたことはないが・・・。そしてAirbnb向けのコンテンツ(住居)などを揃えるには十分なお金だ。

まてよ???

これって、国民のお金だぞ・・・。

 

全部が全部じゃないが、これだけは言っておきたい。

県、市町村がファンドを組んでうまくいった試しはほとんど聞いたことない。数年の延命処置であって、成長産業や企業になることは最近聞いたことはない。

200億円か・・・。

年金が減ることにはあーだこーだ言うのに、見えにくいお金には国民はぐうの音もでないのが現実。

石川県、200億円のファンドの使い道、しばし観察させていただきます。石川県におすまいの皆様も、ひとごとではなく、注視して欲しいです。ちなみに鹿児島でもパワーアップ債がありました。

鹿児島リンク

この事例をもとに石川県が続いたのか。今後あなたの住む地域でも同じことが始まります。Airbnbに関するブログなので、これ以上は何も言いませんがw

 

ジャパンダのボヤキw

こんなわけのわからない予算にあてるぐらいなら、プロのファンドチームに丸投げして欲しいもんです。なんのための予算なんだか・・・。

200億円でAirbnbの完全日本版でも作ってくれwww

あ、人工知能も面白い!

ほっと石川観光応援債の詳細

発行の趣旨
北陸新幹線の延伸や東京オリンピック・パラリンピックを見据え、能登・加賀・金沢の各地域での魅力づくりや国内誘客に向けたプロモーション活動、海外誘客の促進などの取り組みに活用します。

名称(愛称)
ほっと石川観光応援債

県債の購入を通じて、本県の観光を応援していただこうという趣旨で「ほっと石川観光応援債」としています。
募集(販売)期間
平成28年8月8日(月曜日)~8月26日(金曜日)

※申し込み総額が50億円に達した時点で締め切らせていただきます。

お問い合わせ
財政課 ほっと石川観光応援債担当  (076)225-1257
(ご購入については、北國銀行、三井住友銀行の各営業店窓口へ)

公式URLはコチラ

 

Sponsored Link

 - Airbnbニュース