Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報

*

民泊180日以内の規制が閣議決定?まだまだ続く縛り・・・

   

facebook

民泊問題,解決,
昔昔の話しである、

ジャパンダが飲食店でバイトをしている時の話だ。

首都圏を中心に展開するチェーン店で物議が起きた。

ある1人のお客さんからのクレームで、

今までのルールが変わったのだ。

ざっくばらんで申し訳ないが、

ここだけ聞くと、お客さんの声を聞き、

すぐに対応する良い会社じゃないか!

と、いう感想だろうが、

実際現場で起こった事は違う内容だった・・・

Sponsored Link

民泊180日以内の規制が閣議決定?まだまだ続く縛り・・・

では、どういう問題だったのか?

と、いうと。

そのひとりのお客様はそもそも常連かどうかもわからない。

そして今まで、お店にクレームが上がる事もなかった。

そのクレームに敏感に反応した会社はさすがだと思うが、

スタッフ、他のお客様からの声が違ったのだ。

1日で200人以上ものお客様がくる日もある繁盛店。

1日100人だとしても3000人が来店する。

さらにその数に店舗数をかけると、1月のお客様はゆうに5万人上を超える。

5万分の1の意見を聞いたお店がどうなったか。

・スタッフ全員に指導をし直すことになった。

・スタッフから反対意見が起こった。

・他のお客様から批評が逆に多くなって、もとのスタイルに戻した方がいいのでは?となった。

そして、

結果的に戻したのだ。。。

 

 

この事を今回の話しに基づいて民泊問題を分解してみる・・・

民泊問題と言われる時に多い苦情が以下

・騒音が多い

・ゴミ問題

この2点。

これはよく報道される内容だし、クレームの件数ということで度々話題になる。

が、それをそのまま鵜呑みにするのかどうか・・・

騒音問題。

これに関しては、前もって注意喚起をする事で、ジャパンダ自身クレームにつながったことないし。大体騒ぐカテゴリはわかっている。3名以上の学生グループ。ほぼ間違いなく騒ぐし、これはホテルでも同様だ。

うるさいのは良くない。ホストもゲストも注意をする必要はある。そして改善していくべきだ。

ゴミ問題

ジャパンダが実際にAirbnbを運営している時に、ゴミの分別をする外国人も多くいたが、ホストが掃除をする時にゴミの分別をすれば良い話しだ。本当にそんなに散らかっているの?

普通の居住者でもゴミ問題なんてあるし、ホストもゲストも注意するようにしていけば次第にゴミ問題も収束していく気がする。

 

じゃあ、そのクレームの件数自体そもそも本当の事なのか?

そしてその問題のために民泊自体が変な扱いを受けるのはどうなのか?

と、疑問になる。

ネガティブな情報だけを取り上げる新聞社やメディア。

それに対して、ポジティブな話しをする政府や行政、メディアはほとんどいない。

かといって、東京タワーに泊まったり、

サメに囲まれて生活する、と、面白い話しには食いつく。

はちゃめちゃやな・・・

そしてAirbnbが日本でCMを始めたらメディアは良い情報しか流さなくなる。

くさっている・・・www

 

180日以内のルールからの追加規制

もはやこのルール自体が民泊をやめろといっているようなもの。

この180日ルールの規制も年間の半分はやっていいよ!って事だろうが、

ぶっちゃけ抜け道はいくらでもある。

ホストの名義を変えるだけだ。

では、同じ場所でやってはいけない!

に、した場合はどうだろう。

別の場所でやればいい。が、費用がかかる。

あえなく断念・・・

 

 

今回追加される規制はもはや民泊運営者を追い込む

一定条件を守りながら、180日ルールをつくる意味もわからない。

だったら最初からやらさなければいいし、

それを生業としている業者は事業として続ける事ができない。

宿泊が多い少ないの問題ではないとジャパンダは考えている。

日本っぽい問題だと思うけど、以下の文章は絶対読んで欲しい。

まずここ・・・

この「一定の条件」を超えて民泊サービスを提供する事業者には、旅館業法に基づく営業許可の取得を義務化する。

もはや民泊じゃないし、なんのための民泊規制緩和だったのか・・・

進んでいる方向が逆走している。

 そのほか、最終報告書では、「家主居住型(ホームステイ型)」と「家主不在型」を区分し、住宅提供者、管理者、仲介事業者に対し規制を設ける考え方が示された。

家主居住型では、住宅提供者が行政庁への届け出を行うほか、利用者名簿の作成、最低限の衛生管理、苦情への対応を行う。家主不在型では、住宅提供者は行政庁へ届け出を行う一方で、管理者に管理を委託。管理者は行政庁へ登録を行い、利用者名簿の作成や衛生管理などを請け負う。また、家主居住、不在型いずれの場合も、仲介事業者は行政庁への登録を行う。

なお、「届け出」や「登録」の手続きにはインターネットを活用することで、関係者の利便性に配慮。マイナンバーや法人番号を活用することで、住民票などの添付を不要とすることなども検討する。

ホームステイ型と、家主不在型との区別。

マイナンバーでの管理

法人番号を活用

 

なんだか本当にルールが多くなってきている。

 

民泊問題でとりあげられる騒音問題やゴミ問題もそうだが、

オリンピックに向けてもっと前向きに民泊に対してやる事あるんじゃないのか?と、思ってしまうが・・・

 

あくまでもジャパンダの個人的意見だが、

今からAirbnbをスタートさせる人は本当によく考えた方がいい。

ってかそのうちエニカも180日ルールとかなってなるのか?

そんなに貸し出していないけどwww

 

民泊問題についてこれからさらに問題を追及していきたいと思う。

んーーーー

 

民泊を広げたいの?

減らしたいの?

どっちなのーーーーーーー

空き部屋問題解決はどうなるのーーーー

 

せめて、1つの規制を作ったのなら、

それで1年〜は試して欲しい。

こうも次から次へと規制が増えてきたら、

民泊をやるためのパワーが減ってくる・・・

Sponsored Link

 - 民泊トラブル