Airbnbのキャンセルを厳格にする理由

Airbnbニュース

airbnb キャンセル 厳格

こうなったら・・・。

って思っているAirbnbのホストが多いはず。

最近Airbnbフレンドと話題にあがるのが、Airbnbのキャンセルポリシーについて。

キャンセルを柔軟や普通にしている人がほとんどだったが、

最近はキャンセルを厳格にしているホストが多いのだ。

これに関しては、

今からAirbnbで泊まる人も、

始める人もしっかり理解していて欲しい。

それは・・・

Airbnbのキャンセルを厳格にする理由

キャンセルポリシーにはこう書いている。

厳格: 到着1週間前までに解約すれば50%返金(ただし手数料は除く)

  • ゲストがチェックインしなかった場合、清掃料金は必ず返金されます。
  • Airbnbサービス料の払い戻しには一切応じていません。
  • 宿泊料金(請求全額)の払い戻しは、下記の条件を満たす場合に適用されます。
  • いずれかの当事者からの苦情がある場合は、チェックイン後24時間以内にAirbnbにレポートしてください。
  • 必要であればAirbnbが仲裁し、最終決定権を持ちます。
  • 正式にキャンセルするには、ゲスト側から「ダッシュボード」>「旅行」>「変更またはキャンセル」と開き、キャンセル確定ページでキャンセルボタンをクリックします。
  • ゲスト返金ポリシー、安全上のキャンセル、または酌量すべき事情が、キャンセルポリシーより優先的に適用される場合もあります。これらの例外を今一度ご確認ください。
  • 適用される税は回収・納付されます。

 

このキャンセルの内容をちゃんと確認して欲しい。

 

そして、なぜ厳格にしている人が多いか。

それは、単純な話だった。。。

キャンセルが多いのだ。

さらに・・・

儲けシーズンにキャンセルをされるとたまらない。

とくに。。。

長期滞在のホストがキャンセルした場合はキャンセルのポリシーを普通にしているのと、厳格にしているのとでは上がりが全然違う。

 

 

宿泊予定日より7日以内になった場合。

普通キャンセルの場合

初日分100%

それ以降は宿泊費の50%

厳格キャンセルの場合

初日も100%

それ以降の宿泊費も100%

 

東京を中心にAirbnbのホストが減少しているデータがでていた。

そして180日ルール。

地域によっての条例の差。

そして一番頭がいたい問題は、近隣住民の対応。

相次ぐ通報に住民も、ゲストも、公も頭を痛めている・・・

 

そしてジャパンダは、

エニカがぼちぼち・・・www

次は何をやるせよーーーー!!!

民泊営業180日以内が閣議決定
6月6日に新たに民泊について閣議決定された。 180日ルール。 その名の通りだ、民泊は180日以内しか運営してはいけないというのだ。さて、日々変わる法律や条例、今回はルールを縛る形になったが、他のサイトの情報をもとに考えていこう...

 

コメント