Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報

*

民泊(Airbnb)=インバウンド?必要不可欠な要素

   

facebook

以前にも取り上げたが、Airbnbは今本国アメリカで試験的にツアーパッケージもAirbnb内でゲストに提供できるか試験中だ。

Airbnbパッケージ化テスト中inサンフランシスコ

そしてその試験が終わり次第、ツアーサービスが始まることは間違いないだろう。日本では外国人を通訳しながら観光案内する場合に資格が必要だが、これまたグレーゾーンのビジネスとして注目されるはずだ。

旅行者よりも詳しい地元の人は多くいる。そしてオリジナリティ溢れるアイデアも多いだろう。この事態を国や都道府県、市町村が先手を打つ必要がある。後手後手に回り後から対策をたてると、飽和した市場をコントロールするのは難しくなる。

後からできる規制は窮屈

かたやインバウンドに必要不可欠な宿泊先の問題は、7日以上の宿泊を条件が妨げになり、わざわざわ地方自治体から許可を得るホストが少ない。だからこそ今後のAirbnbのツアーパッケージでのインバウドには先手を打ちたい。

毎日新聞掲載:民泊は無許可のまま営業が得!?ゼロサムゲーム!?

外国人狙い?それとも日本人?

ただ、主要観光都市での外国人インバウンドに力を入れている場合と、日本人しか来ないような場所とでは、その売り上げに大きく差がでているのは言うまでもない。

何もない街が星空が綺麗に見える街として売り出しているが、消費、という意味ではやはり買い物客を増やさなくてはいけないとジャパンダは感じる。やはり衣食住で儲けるのが一番安定した収入になる。そしてその収入源となるのは外国人が大半を占めるのがAirbnbでの民泊ということになる。

Sponsored Link

民泊(Airbnb)はインバウンドに必要不可欠?

民泊 インバウンド

外国人は日本っぽさを感じたい

日本国がオリンピックまでに外国人観光客をさらに増やすと宣言している。オリンピックのためだけにというわけではないが。しかし、受け皿となる宿泊所がないのが現状だ。海外を放浪した事あるジャパンダだからわかるが、旅好き外国人ほど観光客がいないような場所に宿泊したがる。

しかし、観光客が来ない場所はホテルも少ない。

そういう意味でも、日本人の生活を体験できる民泊は外国人にとってはスマートな宿だろう。東南アジアの場合、ゲストハウスの下はバーになっていて、朝までパリピ騒ぎは当たり前!世界中の人がそこで友達になり、またそこに集まる。観光ではなく、感動旅行が当たり前。

Tポイント(TSUTAYA)のCCCとAirbnbジャパンが提携!?


ジャパンダの個人見解

毎回の記事が勝手な意見だけどw

個人でやるからこそ周辺そっちのけ

インバウンドを売り出す地域は多いが、こと民泊に関しては市町村ごとに温度差がある。そして周辺地域に住む住民と、勝手に民泊を始めているホストとの間にも溝ができる。

通報騒ぎになる事もあるのは連日のテレビを見ていれば嫌が応でも耳に入る。宿泊側と宿泊者だけが喜んでいて、少々の悪態もなんのその状態・・・・

しかし、周辺の飲食店が潤うのも事実・・・

今までにAirbnbを運営している人と何度も話した事があるが、問題は絶えない。幸いな事にジャパンダのところはあんまりなかった。だがしかし、宿泊客のほとんどがインバウンド枠。

沖縄は数次ビザがあり、沖縄から入国すると3年間ビザなしで日本に行き来できるというビザを発行している。だから1泊客が多く部屋の掃除が大変だとも言っていたな、

しかし恩恵もあって1泊客は非常に多いのも、宿泊が少ないよりも問題ではない

インバウンド成功事例?沖縄は外国人が急増

前回沖縄に行った時びっくりしたが、那覇市にある国際通りはほとんどが外国人で、異国情緒漂う雰囲気になっている。

まさにノスタルジック。

デパートの中でもアナウンスはアジア各国の言葉。

Airbnbの登場により国さえも動かしてしまっている民泊問題。

個人vs企業の本当の時代がやってきており、勘が鋭い人は次の一手を用意している。

役所よ!目を覚ませ!Don’t think feel!!!!

役所勤務の人もこのブログを読んでいる人もきっと思う(Airbnb対策のためにw)。。東京・大阪・京都・沖縄で民泊ブームでAirbnbのリストもどんどん増えている。

そして次なる対策として差し迫る個人ツアーコンダクター。

面白い体験、地元の人も体験した事ない地元の体験といっても過言じゃないほど皆さん試行錯誤している。find japan まさにインバウンドを語るうえで民泊が無視できない。泊まった先の人がそのまま地元の案内もしてくれる。信頼もあり、レビューもあり、安心感もあり、なおかつ普通のツアコンよりも安くなるのは目に見えている。

民泊とインバウンド、そしてツアーの時代。

今回記事を書いて、そっか!って思った。今までメディアに取り上げられた民泊問題を噛み砕いて説明してきたが、役所事情も少々調べてみようと思う。役所情報が欲しい人もいるだろうし!

そして、最近増えている変なAirbnbのセミナーには注意してな!

何かあれば相談してな!

できる範囲でお答えします。調べていないだろう!的な質問は無視していますので悪しからず!

Sponsored Link

 - Airbnbブログ