Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報

*

民泊(Airbnb)規制緩和NGの35自治体はどこ?

   

facebook

毎日新聞の記事で民泊(Airbnb)に関する記事が掲載されていた。今、Airbnb関連ニュースが後を絶たない!

国が規制緩和をすすめる一方、地方の条例で規制緩和をしない市町村も多く表明してきているようだ。しかし、条例で認められなくても、Airbnbのグレーゾーン的な状況が変わらないだけ。

それよりも規制緩和し、しっかりと取り締まった方が良いのでは?と思うが。実際はいろいろな問題があるのであろう。今回はフロント設置をしないで良いという規制緩和を受けいれる自治体と、規制緩和NGを紹介する。

あなたの民泊活動は大丈夫?

Sponsored Link

民泊(Airbnb)規制緩和NGの35自治体はどこ?

airbnb 民泊 問題 ゲスト

yahooのトップニュースになるほど!


民泊許可実績0件

毎日新聞の記事によると、都内各区に4月以降に民泊を簡易宿所として許可したケースがあったか聞いたところ実績はゼロだったと記載されていた。

では、2016年5月現在の規制状況をチェックしてみてくれ!

規制緩和地域はどこ?

◇フロント設置を義務化している自治体と今後の対応
○は条例改正などで要件緩和予定、
△は検討中、
×は改正予定なし

<都道府県>

北海道○

群馬県○

神奈川県○

新潟県△

岐阜県○

愛知県○

三重県○

奈良県○

島根県△

徳島県○

高知県○

宮崎県○

<政令市>

札幌市△

仙台市△

さいたま市○

横浜市△

川崎市○

新潟市○

静岡市○

名古屋市○

京都市△

大阪市△

堺  市○

北九州市△

福岡市○

<東京23区>

千代田区×

中央区×

新宿区×

文京区×

台東区×

大田区△

世田谷区×

渋谷区×

杉並区○

豊島区×

 

規制緩和まとめ

沖縄県はもともと民泊に寛容なので、掲載されていないのか?

今後、この記事をもとに、さらに地域単位での民泊受け入れ状況が変わってくるだろう。人を呼び込みたい地域もあれば、受け入れたくない地域もあるだろう。

Airbnbのアプリの使い方が日々変わりどんどん使いにくくなっているという話も聞く。Airbnbのシンプルさがよかったのだが・・・。いまだに話題を呼ぶ民泊問題(Airbnb)、今後の動向にもさらに注目が集まるだろう。

Sponsored Link

 - Airbnbニュース