Airbnbのトリセツブログ

エアビーで年間500万円売り上げた個人の裏話全部公開ブログ。トラブル対策、儲け方、代行情報

*

Uberニュース:富山県南砺市Uber無料送迎再検討。

   

facebook

ウーバー 富山県
Uber日本ニュース:Uberと地方自治体が向き合っていく。

富山県南砺市(なんとし)が2016年2月にUberとの連携を深めると発表したが、今回の発表でいくつかの問題が浮き彫りになった形になった。

ジャパンダの見解だが、興味がある人はUberニュースを読んでみて。

  • 新しいことを取り入れたい地方自体
  • 自民・ふくだ議員「グレーならガンガンやっちゃえばいい」
  • 交通関係の利権はカッチカッチ
 

富山県南砺市Uber記事詳細はYahooニュース

Sponsored Link

Uberニュース:富山県南砺市Uber無料送迎再検討。

CNNが伝えていたこのニュースは、地方自治体の考え方の甘さと交通関係の利権がちらほらした印象を与える。

新しいことを取り入れたい地方自治体

「民間や市営のバス、タクシーとも効率的に結びつけて、交通弱者の利便性をいかに深めるかという議論が足りなかった」と、南砺市 地方創生推進課 交通政策係の担当者は語る。

タクシーやバス会社が認めるわけがない。

議論うんぬんの前に、企業は利益が減ることをしたくないのだろう。これでは前に進まない。本質を捉えていないというか、ジャパンダ的にわざわざUberを利用する必要自体ないと思ってしまう。なぜUberだったのか?

交通弱者とはどういう状態の人をいうのか?

そもそもUberとタクシーの違いはサービスの提供方法が違うだけ。A地点からB地点まで人を運ぶ。二種免許の有無や料金の違いも比較できるが、、

しかし・・・

その名前を出すだけでタクシー会社やバス会社は敏感に反応してしまう。普通に無料シャトルバスを走らればいい。そもそも、Uberを利用するために400万円の事業費が必要なのかどうかが疑問。

その予算をUberではなく無料シャトルバスに回せばいい。

運転手が乗客からお金を本人からもらうから法律的に問題。

いくらでも抜け道はありそう・・・。
例えば雇われている形にするとか。

実際に社長の運転手をする人は会社からお金をもらっているが二種免許は必要ない。バスやタクシーは乗客から直接お金をもらうから二種免許が必要なだけで。

 

余談だが、政治家にもアグレッシブな人がいる↓

自民・ふくだ議員「グレーならガンガンやっちゃえばいい」

「そもそも日本人には“お上”に従わないといけない、というマインドがある。そのため規制があると、その枠内でだけ動こうとする。ほかの国の人からすれば理解できないから、自国で成功したモデルを日本に持ち込もうとしてもこの壁にぶち当たり、成長できないのが現状だ。しかし、規制の枠の中で小さく動きまわるのではなく、『ここはどうだろう? はっきり規制されているわけではないんだけど』というようなグレーの部分であれば果敢にチャレンジするというマインドを持って、スタートしてもらいたい。」

 

だってさ・・・、やっちゃえやっちゃえーーー!!

 

ふくだ氏の記事詳細


交通関係の利権はカッチカッチ

こっちはこっちで・・・

タクシーやバスは乗車数が減っており、売り上げは右肩下がり。そこへきて便利なUberが現れたら火を見るよりも明らかだ。

売り上げが下がる。

しかし、競合がいない交通関係はほっんとにぬるい。

やれることはたくさんあるだろうに、お客さんを乗せて届けることだけが仕事になっている。もはや思考停止しているといっても過言じゃない。

そういう人たちと戦うには相当なエネルギーと労力を使うだろう。

 

時間はかかるだろうが、形や見え方を変える必要がある。

うまーーーくやる人はでてくるだろうし、

もしかしたらすでにいるかもしれない・・・

 

日本ではUberはタクシー会社になればいい。以上。。。www

 

Airbnbを始めたときもそうだが、Airbnbは2016年4月が岐路になる。Uberはもう少し先かな?エニカガンバッテーーーーー!

Sponsored Link

 - Uber